平成30年度 りつりん病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 73 63 44 70 137 190 477 796 777 233
平成30年度の退院患者数は2,860人であり、70歳以上の患者さんが過半数(全体の63%)を、さらに80歳以上の患者さんが全体の35%を占めるなど、高齢の方の比率が高くなっています。特に、退院患者さんのうち約12人に1人は90歳以上の超高齢の方でした。

当院では、高齢者に多い肺炎や心不全、転倒・骨折や、脳卒中の患者さんを積極的に受け入れ急性期医療を提供する一方、引き続き、地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟の機能を活用して、回復期に必要な医療を継続しつつ、これらの患者さんがベストな形で自宅退院し地域に復帰できるよう、地域医療連携室を中心とした退院支援に力を注いでいます。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
診断群類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)については、DPC準備病院だったため集計ができず掲載できません。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 18 - 28 1 第7版、第8版
大腸癌 - 25 - 19 - 95 1 第7版、第8版
乳癌 17 - - 11 - 13 1 第7版、第8版
肺癌 - - - - - - 1 第7版、第8版
肝癌 - - - 15 - 42 1 第7版、第8版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
現在、様々ながんが知られていますが、胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がんは罹患率の高い代表的な5大がんとして、日本におけるがん治療の指針としての比較に広く用いられています。年次別・地域別にみたがんの発生頻度、年齢別・性別にみたがんの発生頻度、年次別にみたがん治療成績の改善率・生存率などの検討がなされています。この表では国際機関である UICC(Union for International Cancer Control:国際対がん連合)のがんの病期分類により、早期のStageIから最も進んだStageIVまでの症例を分類し数を記載しています。 「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院・他施設を問わず初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。なお、Stageの診断は退院時点のものです。集計区分が「不明」の患者分類は、退院時時点で癌のステージ分類が未確定のものを指しています。
症例数の分布が示すように、当院では I 期の早期患者さんだけではなく、IV 期の患者さんや再発した患者さんも数多く入院しています。これは地域病院として、他病院からの治療困難な高齢者・進行癌も積極的に受け入れているためと考えられます。国立がん研究センターの統計では、日本では生涯でがんに罹患する確率は男性62%、女性47%とされ多くの患者さんががんで悩まされていることが示されています。一方、生涯でがんで死亡する確率は男性で 25%、女性で15%とされています。この罹患率と死亡率の大きな差は、がんには罹患したものの60-70%の方が治ることを示しています。早期がんでは当然、治癒が期待できますが、医療技術や抗がん剤の発達によりStage IVと診断されても治癒が期待できる時代になりました。実際、全がん協加盟がん専門診療施設の診断治療症例での解析では、StageIVと診断されてもその5年生存率は、胃がん:6.9%、大腸がん:22.0%、がん:1.7%、肺がん:4.9%、乳がん:38.5%と決して0%ではなく、あきらめない治療が大切になっています。当院では進行癌に対しても、体力に応じて、あきらめずに積極的治療を行っています。また、治療ガイドラインに基づいた標準手術、腹腔鏡手術、化学療法のほか、集学的治療として内科・放射線科などと、悪性狭窄に対するステント治療、肝癌のラジオ波治療などの多分野にわたる治療にも積極的に取り組んでいます。なお患者数10未満は「-(ハイフン)」を入力しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 13.40 36.70
中等症 44 27.23 81.64
重症 24 33.08 85.00
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、病院や介護施設ではなく、日常生活の中で発症する肺炎のことをいいます。平成30年度、当院では81名の市中肺炎患者さんが入院されました。その重症度は、A-DROPスコア(高齢かどうか、脱水の有無、血液中の酸素濃度の低さ、意識障害の有無、低血圧の有無の5項目)で評価するもので、当院ではスコアが4~5の超重症患者さんは3.7%であり、退院までの日数が平均50日を超えています。スコアが0の軽症例は若年の方が多く、10名が入院し、平均2週間以内に退院されています。スコアが1~2の軽症者は全体の半数を占め、高齢者に多く、平均27日で退院されています。スコアが3~4の重症者は約30% を占め、やはり高齢者に多く、退院までに平均で1ヶ月かかっています。退院までの日数が長いのは、地域包括ケア病棟に移動し、急性期治療の間に低下した体力を回復するためのリハビリや、嚥下訓練を行ったり、退院調整を行っているからです。なお患者数10未満は「-(ハイフン)」を入力しています。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 78 52.26 74.14 12.82
その他 - - - -
当院脳神経外科の脳梗塞診療について解説します。発症3日以内の方が多くを占めています。脳梗塞は発症後できるだけ早期に対応するほうが回復がよいと言われており、多職種と密に連携し早期診断、早期治療、早期リハビリテーションを行っています。なお患者数10未満は「-(ハイフン)」を入力しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 14 0.64 2.00 0.00 69.57
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
内視鏡的大腸ポリープ粘膜切除術の件数が最も多くなっています。平成30年度の全件数は159件でしたが、そのうち切除時の出血の危険が高いと判断し入院加療となった患者さんは14件でした。平成30年度の胃瘻造設術の件数は17件、総胆管結石に対する乳頭切開術の件数は8件、閉塞性黄疸に対する内視鏡的胆道ステント留置術の件数は14件ありましたが、入院の主科が脳神経外科・外科の患者さんも多く、内科入院での治療件数は上記の件数となっています。なお患者数10未満は「-(ハイフン)」を入力しています。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 - - - - -
K783-2 経尿道的ステント留置術 - - - - -
平成30年度には循環器内科の手術は実施していません。循環器内科に入院中の患者さんの急性細菌性中耳炎に対する鼓膜切開術が1件、心筋梗塞後のリハビリ入院中の患者さんに対する尿管ステント留置術が1件ありました。なお患者数10未満は「-(ハイフン)」を入力しています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 28 0.79 10.25 0.00 75.14
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 28 3.29 8.00 3.57 63.00
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 18 1.06 15.22 0.00 76.00
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 16 11.81 15.56 0.00 73.69
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術(硬化療法(四段階注射法によるもの)を伴わないもの)) 12 2.08 5.50 0.00 52.75
当院外科において、手術数の多かったのは鼠経ヘルニア、腹腔鏡下胆のう摘出術、肝臓癌に対する血管塞栓術でした。外科では胃癌、大腸癌、肝臓癌、膵臓癌等の手術も多く行っております。大部分が腹腔鏡下手術となっています。痔核の手術も増加しており日帰り手術も行っています。下肢静脈瘤、気胸の手術も行っておりますので気軽にご相談ください。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿)等 71 3.42 55.66 15.49 78.58
K0462 骨折観血的手術(前腕)等 55 1.91 27.80 3.64 61.82
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿)等 33 0.21 2.39 3.03 56.91
K0811 人工骨頭挿入術(股)等 29 4.48 61.97 0.00 83.21
K0463 骨折観血的手術(足) 25 1.96 21.17 16.00 61.28
整形外科の手術件数は年間500例前後で推移しています。その半数程度は骨折に関連した手術でした。
当院では同棟内に回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟を持ち、退院に向けて十分なリハビリを提供しています。またそのためか他院と比べ、平均術後日数が長い傾向にあります。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 10 8.10 28.40 20.00 84.60
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
当院脳神経外科で行われている手術について解説します。脳神経外科単独で行われる手術では慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術がほとんどを占めています。この疾患は頭部外傷を契機に発症することが多く、手術は局所麻酔で可能です。胃瘻造設術および中心静脈用埋込型カテーテル留置は、脳卒中後遺症などで経口摂取が困難な方の栄養摂取を目的とするものです。内科もしくは外科に依頼して施行しています。なお患者数10未満は「-(ハイフン)」を入力しています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821▯ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 315 0.00 0.13 0.00 74.93
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 109 0.00 0.24 0.00 71.75
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) 41 0.02 0.15 0.00 65.85
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 15 0.00 0.13 0.00 75.80
K2171 眼瞼内反症手術(縫合法) - - - - -
白内障手術と眼瞼手術が大部分を占めます。眼瞼手術は同日に両眼瞼に対して施行することが少なくないため、手術件数はより多数です。また、日帰り手術も行っており、実際はもっと多い患者数になります。なお患者数10未満は「-(ハイフン)」を入力しています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 42 0.00 0.24 0.00 55.67
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 30 0.30 4.67 0.00 74.30
K8036▯ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 19 2.58 6.74 0.00 76.00
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 10 3.30 8.80 0.00 73.20
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) - - - - -
泌尿器科診療の目玉は、尿路結石疼痛患者に対する体外衝撃波結石破砕術(ESWL)による日帰り即時対応です。患者さんから苦痛を早期に開放し、日常生活の復帰を支援しております。また結石・消化器・婦人科疾患による尿管閉塞は、腎機能低下・腎盂腎炎・敗血症等の重症感染症へ移行し易いため、即時尿管ステント留置にて悪化を予防します。泌尿器科の代表的疾患である前立腺肥大症・表在性膀胱癌・下部尿路結石に対して経尿道的に無傷の治療を行っています。なお患者数10未満は「-(ハイフン)」を入力しています。

婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(膣式、腹式) - - - - -
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
K877 子宮全摘術 - - - - -
K8531 腟閉鎖術(中央腟閉鎖術(子宮全脱)) - - - - -
K8721 子宮筋腫摘出(核出)術(腹式) - - - - -
年齢と共に増加する骨盤臓器脱にはいろいろな治療方法がありますが、婦人科では子宮脱根治術という方法でかなり改善がみられます。排尿困難が生じた場合は婦人科の受診をお勧めします。なお患者数10未満は「-(ハイフン)」を入力しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
敗血症とは、感染症の重篤な症状のひとつで血液の中に病原菌が進入(菌血症)して、組織や臓器を傷害し、しばしば血圧低下(ショック)を伴い、抗生剤投与と全身管理を必要とする疾患です。平成30年度は、敗血症での入院(入院契機が同一)は3名あり、それぞれ膵臓癌、肺炎、肝膿瘍に続発した敗血症の治療のため入院され、抗生物質を中心とした濃厚な治療が行われました。入院契機が異なる、すなわち、別の疾患で入院されたが、入院中に、敗血症を発症した患者さんはいらっしゃいませんでした。
手術・処置などの合併症での入院は4名で、他院での手術後のショックが1名、当院での手術後の切創離開(眼科)、遠隔期膿瘍形成(整形外科)、創部感染(整形外科)での入院がそれぞれ1名ずつでした。なお患者数10未満は「-(ハイフン)」を入力しています。


更新履歴


  • 令和元年9月27日
  • 平成30年度 JCHOりつりん病院 病院指標を公開しました。


    PageTop