看護部紹介

看護部長挨拶

看護部長 三谷 和美

 JCHOりつりん病院は、「栗林公園」の近くにある一般病棟と地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟からなる
地域包括ケアシステムに適応した二次救急病院です。整形外科・外科・内科・脳外科など一般診療にも重点を置き地域医療に
積極的に取り組んでいます。

 看護部は「私たちは、患者様やご家族の声・気持ちを大切にする看護を目指します。」

を看護部の理念とし、日々研鑽に努めています。患者様やご家族の声・気持ちを大切にする看護を目指し、ご家族にしっかり
向き合い、気持ちに寄り添い、思いやりの心を持った看護の実践ができるように努めています。
 患者様は日常生活動作を自己で行う事が困難な方が多くおられます。看護師は、医療チームの中で、最も患者さんに近い存在
として、多職種と協働し患者さんがその人らしい生活を送れる様に支援しています。

 また職員を大切にし、笑顔で活き活きと働き続けることができるように、子育て支援と職場環境作りに力を入れています。
夜間保育に対応した保育所の完備や年休の時間単位利用、育児短時間勤務の活用など、子育て支援に力を入れ、働き続ける事
ができる環境を作っています。
 教育においては、りつりん病院キャリアラダー、マネジメントラダーに沿った教育計画の実施やeラーニングを活用した教育、
また特定行為研修看護師の育成も行い、看護師のキャリアアップを積極的に支援しています。

 地域の方々が、「JCHOりつりん病院に来て良かった。」と満足していただける看護の提供、看護師一人一人が看護の喜びを
感じ働き続けられる職場環境の提供を目指していきたいと考えます。


看護部の理念




看護部の理念

       私たちは患者様やご家族の声・気持を大切にする看護を目指します。


看護部基本方針

       1.受け持ち看護師としての役割と責任を果たします。
       2.他職種との連携を強化し、スムーズな社会復帰・退院を支援します。
       3.地域住民のニーズに応じた看護サービスを提供します。
       4.常に自己研鑽に励み、良質かつ安全な看護を提供します。


2023年度看護目標

       1.病院の健全経営に参画する
       2.安全で質の高い看護の提供。
       3.働きやすい職場環境の提供。
       4.質の高い人材育成に取り組む





新人看護研修

≪新人看護師の1年≫
NewNurseTrainingSchedule

◆集合研修
  全体集中研修:接遇・医療安全・感染予防・多職種の役割との関わり方・急変時の対応・フィジカルアセスメント・看護技術・
         ME機器の操作と管理など
  毎月の集合研修:看護必要度・看護記録・褥瘡予防と管理・排尿ケア・危機予知トレーニング・防火訓練など

◆ローテーション研修
  自分の部署以外の病棟、手術室にまわります。幅広く看護技術を習得できると同時に一人一人が自分の適性や目標を見つける機
  会になり、看護の質を高めるために実施しています。

◆プリセプター制度
  一人の新人看護師に対し一人の先輩看護師がつき、マンツーマンで教育・指導を行います。
  先輩看護師は3年から5年目の近い看護師で、話しやすく、精神的な支えとなります。

◆教育・研修支援環境
  院内研修以外にJCHOグループや日本看護協会主催の研修にも参加できます。


勤務スケジュール(2交替)

PageTop