医療情報管理室

当院では平成24年4月に「医療情報管理室」を設置し、現在6名の「医師事務作業補助者」が在籍しています。

●医師事務作業補助者とは
医師の指示のもと事務的な業務の補助を行い、医師が患者様への診療に専念できるよう、サポートを行う職種です。
当院では「クラーク」と呼ばれており、診断書・証明書等の文書作成補助業務を中心に、診療記録への代行入力や医療の質の向上に資する事務作業等、微力ながら患者様と医師とを繋ぐ架け橋として、日々医師のサポートに努めています。 私たちクラークは、良質な医療の提供に繋がるよう、より一層専門知識の向上に努め、今後もチーム医療の一員として業務に取り組んで参ります。

●主な業務内容
・診断書、証明書等の文書作成補助
・電子カルテの入力補助
・救急医療情報システムへの入力
・全国がん登録の届出
・NCD(National Clinical Database)登録
(外科系の手術症例、治療に関する情報の登録)
・カンファレンス用の画像検査結果の準備
・医師の学会、研究会のための資料作成
PageTop