内科

内科は症状をもって病院を訪れる人すべてに対応する科であります。したがって、どの科を受診すればよいか判断がつかない時の病院の窓口として内科外来をご利用ください。
内科は、肺の病気を中心とした呼吸器科、心臓病を中心とした循環器内科、内視鏡検査を中心とした消化器科、糖尿病内科が各々専門的な診療をしております。

診療内容

消化器疾患:
当院内科の主力分野の一つで、中でも内視鏡検査を精力的に進め、確実な診断と、さらに苦痛の少ない検査を目指しています。H28年度の実績は胃内視鏡検査、のべ2384人、大腸内視鏡、550人、ポリペクトミー(内視鏡的にポリープを切除する)、202人、胃瘻造設術、28人が受けています。
大腸内視鏡については、苦痛を和らげるための麻酔を使用した検査も希望に応じて行っています。(胃内視鏡については麻酔での検査をお受けしておりません。)

 

糖尿病・内分泌疾患:
糖尿病の日常生活指導、食事指導、服薬、自己注射管理を行っています。
栄養士による栄養指導も行っております。
今後、教育入院を開始予定です。

 

血液疾患:
貧血、血小板減少症、悪性リンパ腫などの診断と治療を主に行っています。

 

呼吸器疾患:
週2回(月・金)香川大学呼吸器科の先生に来院していただき、専門的な判断をあおいで治療を行っております。

実績

・上部消化管内視鏡
・下部消化管内視鏡
・胃ポリープ切除術
・大腸ポリープ切除術

 

医師抱負

多田:消化器系の検査を受ける際に女性医師御希望の場合はお気軽にご相談下さい。


PageTop